Blog

第3回 将棋電王戦を終えての感想

投稿日:2014/04/13 更新日:

第3回将棋電王戦が4/12に終わりました。
結果は、プロ棋士の1勝4敗、第2回(1勝3敗1分)に引き続き団体戦としては、プロ棋士側の2連敗となりました。

今回は、本番と戦うコンピューターソフトの事前提出が義務付けられており、棋士側は、半年近くの準備期間がありました。
そんなふざけたルールがあるかい!!なんて意見も散見していたようですが、ルールはルールです。
事前に研究しても一発勝負で勝つのは非常に難しいのですね。

こちらのエントリ:第3回 将棋電王戦 第1局とその後の大事件について【2014.03.15】にも書きましたが、ちょっと残念な話もありましたね。

難解な一手違いの接戦になればなるほど、勇猛果敢に戦えば戦うほど、コンピューターの力に屈してしまうという皮肉なことになってしまっています。

プロは勝利にこだわりぬくのが仕事で、負けて悔しくないわけがない。
それでも森下9段や屋敷9段が、対局後、さわやかな表情で、報道陣に対して受け答えしている姿が印象的でした。

第2回電王戦、第2局の終局後、佐藤慎一4段は、足取り重く、息も絶え絶えながら、必死に報道陣の質問に答えていたのも思い出されます。
特に私は、この対局をニコファーレにまで見に行っておりましたので、尚更そう思うのです。

しかし、将棋をライブで見られるのは本当に面白いですね。

本日行われた屋敷9段VSPonanzaの対局は、一日中見てしまいました。終局間際、屋敷9段の目から光が消え、肩が落ち、何度も席を立つ様子は、観客の胸を打つものがあったのではないでしょうか?

絶対にあきらめないという強い気持ちや、あせり、絶望、諦め、その他色々な表情が見て取れます。静寂の中にもアツイものを感じます。

将棋電王戦というものは、本当に面白い興行だと思いました。

野球やJリーグは、勝った負けたがあったとしても、近い将来、再戦することが出来ます。
観客は、自分のひいきのチームを応援し、鼓舞します。

しかし、電王戦はそうはいかない。基本的に勝負は1回限り。
観客はほぼプロ棋士側を応援する。

まるで宇宙人が地球を侵略しにやってきて、それを防衛するプロ棋士なんて言ったらおおげさですけども。

僕自身、棋力は高くないですけれども、将棋という古来からある文化が、IT全盛の今、クローズアップされるという現象がとてもおもしろい。

もっともっとメジャーになり、経済効果まで生み出していって欲しいと願うばかりです。


-Blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

理由は分からないけど、何しか何回も読んでしまう漫画をまとめてみた

最近、新しいものにチャレンジ出来なくなって来てるところがあるんですよ。 マンガとか映画とか、昔読んだものを繰り返し読みたくなってしまうことが多いんですよね、時間つぶしのためにマンガ喫茶とか入ったのは。 …

no image

【文房具】ペリカン万年筆の安いヤツを購入

変わった形をした万年筆ですよね!とりあえず握ってみて、かなりしっくりくる印象。価格もそんなに高くないので、コレクションの意味も含めて購入しました。外国製の万年筆は初めて買いました。これまでパイロットば …

no image

選択と集中をしなくて済むほど人生は長くない

人生は何事もなさぬにはあまりにも長いが、 何事かをなすにはあまりにも短い。 中島敦の言葉だそうで。 やってみたいことは多々あっても、いっつも憧れだけで終わってしまったり、諦めちゃったりで、最近は、中島 …

no image

どっちもどっちの戦いワロタwwwwww「橋下徹 VS 在特会 桜井」

どっちもどっちで面白すぎてワロタwwwww 久しぶりに胸のすくようなバカ二人を見せていただきました。   二人ともシナリオ組んで戦ってるフリしてるプロレスじゃないのか????と思うほどの出来 …

no image

最近、米の値段が異常に安くないですか・・・

米の値段がビックリするほど安くないだろうか。ちょっと心配になっている。 自分は、今、ネットで米を買っている。精米具合を調整することができるからだ。対応も早く、お気に入りだ。以前は玄米をそのまま注文して …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。