Blog

ニンテンドーDSとスマホを持ってる10歳未満について

投稿日:

最近は、10歳未満と思われる小さい子供、幼児と言えるレベルの子供でもスマホとかニンテンドーDSを所有していて驚きますねー。

あんなちっちゃい子供達が、ニンテンドーDSやスマホで、夢中になってゲームしているとちょっと悲しくなります。

小さい頃から、モバイル端末に触れてるデメリットって凄い大きいと思うんですよね。

視力の低下とか心配です。ちょいちょい海外でも仕事するようになって思ったのは、日本人のメガネ率が高いこと高いこと。

残念ながら自分もメガネなんですけどね(苦笑)

目がいいことに越したことないですよ。中学生とかになって、部活動とかで本格的にスポーツ始めるようになった時とか、酷くやっかいですよ。

かと言って、小さい子供ってゲーム欲しがりますよね。自分もそうだったから、よくわかる。

「誰々ちゃんがニンテンドーDS持ってるから、僕も欲しい」

っていうのは当然ですよね。

小さい子供って無限の可能性を持ってると思うんですよ。そういう時期に、他人から与えられるゲームに夢中になってしまうのがもったいない。小さい頃の吸収力とか、成長力って半端じゃないものがあります。

自分が幼稚園児だったころの事を思い返して話をします。

自分が通ってた幼稚園は、今思い返すと恐ろしいくらい強烈な場所でした。

食事を残したら引っ叩かれて鼻血出したり、課題のお絵描きで手を抜いたら引っ叩かれて鼻血出したり。

今なら絶対訴訟騒ぎになるような場所でしたね。

そんな中で、とっても凄いと思う事がありました。

ノコギリやらカンナやら金槌やらの大工道具とか、材木の切れ端やら釘やらの工作の材料になるような物が与えられていて、自由に使う事が出来たんです。

もう何十年も前の話なんで、正確には覚えていませんが、これって凄い事だと思いませんか?創造することの楽しさを学んだり、危険なものに対応する力を身につけたり。

今だったら、

「子供が怪我したらどうするの!?」

ってなってしまいますよね。

時代が時代とはいえ、画期的な教育の一つだったんじゃないか?と思います。

似たような経験として、小学生の頃の子供会のソフトボールチームが所有するバットやボールを、昔は練習以外のときでも使って遊ぶことが出来たんですが、いつの頃からか、そういうことも出来なくなってしまいました。

誰かが怪我をしたからか、親が危ないから、と言ってやめさせたのかはわかりませんが。

何やら最近は、公園でのボール遊び禁止とかいう場所があったり、子供が遊ぶとウルサイという苦情が来たりで、小さな子供が積極的に遊べる環境が少なくなってしまったような気がします。

その結果、

「大人しく安全に家の中で過ごしていて欲しい」

という親のエゴから、ニンテンドーDSやらスマホやらのゲーム機を買い与えるようになってしまったんではないでしょうかね。

よそさまのお家の教育方針に口を出すほど偉くもないですが、自分より若い人たちに自分の経験を伝える事は大事なことだと思ってます。もちろん自分より若い人たちからも学ぶのも重要です。

自分がもし親になったりしたら、子供が多少の怪我をするリスクを受け入れて、大工道具を与えるような教育をしたいかなーと思います。

ただ子供が喜ぶからと言って、ゲーム機を買い与えるようなのはちょっとまずいんじゃないかなーと思いました。

自分が親になれたら、の話ですが

-Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

最近の軽自動車って凄いですね!っていうブログを書こうとした矢先、フォルクスワーゲンが…

ダイハツ ムーヴをレンタカーで乗ったので、その感想でもブログにしようかなーと思っていた矢先、フォルクスワーゲンがやらかしてくれました。 排気ガスの試験をするときだけネコかぶったようなプログラムが発動す …

no image

食品の通販をしてみて思った事

とり野菜みそ 初めて、自分で食べるために、ネットショッピングをしたような気がします。 その一品がこちら。 【メール便送料込】寒い夜に温かい鍋が一番かんたんに出来て、美味しい味噌仕立ての鍋にはこれ&#8 …

no image

ダイエット中 【2014.03.10】

ダイエットを始めて一ヶ月で体重が5kg減りました。 まだまだこれからと思います 頑張ります。 色んな方面から物事を考えることで、モチベーションを保つことが出来ています。 将来に対して貯金していると思っ …

no image

第3回 将棋電王戦を終えての感想

第3回将棋電王戦が4/12に終わりました。 結果は、プロ棋士の1勝4敗、第2回(1勝3敗1分)に引き続き団体戦としては、プロ棋士側の2連敗となりました。 今回は、本番と戦うコンピューターソフトの事前提 …

no image

不可能が可能になる瞬間に気付くことは出来ない

小さい時、「これは無理だわ-」って思った事が、大きくなって「簡単だったなー」ってなること、良くあるじゃないですか。 いやつい最近でもよく実感してるんですけど。これは悲観的な自分に起因することなのか、と …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。