Blog

日大アメフト部問題 大分酷いことになってますね サラリーマン的感想などを

投稿日:

日大アメフト部問題、大分酷いことになっていますね、ニコニコ生放送などで、「関西学院の会見」「選手の会見」「コーチ監督の会見」ほぼ全てチェックしました。誰が悪いとか、どんな指示があったとか、そういうことは、法律に照らし合わせて、対処してもらえばいいと思うので、特に述べたい事はありません。コーチ/監督VS選手という、明確な立場の差があって、権力者の側がわかりやすい悪者。とってもわかりやすい構図になっており、ワイドショー的にはおいしいネタなんでしょうね。見てると辛いですけど。

あえて感想を言うとすれば、どのメディアも質問が下手というか、低レベルというか。決定的な一言を取りたいだけというか、警察のつもりになっているのか、社会的正義の立場にいると思って、エラそうにしているのか、よくわかりませんが。高レベルとは言えませんね。個人的にいつも評価出来るなぁと思うのは、ニコニコ動画のナナオ記者?ですかね。あと、関西学院のアメフト部ダイレクターの応答は素晴らしかったと思いました。質問の整理、応答の明確さ、とても素晴らしいと思いました。

で、ここからが私のブログの本題となります。今回の問題、サラリーマンの方々はどのように受け止めてらっしゃいますかね?いうなれば、監督という絶対的な権力者がしてるパワハラがあって、その指示に従ったら社会的問題になって、だれの指示でこんなことやったんじゃー!!ってなってるわけですからね。正直、普段からアホみたいなパワハラを見てる自分には思うところがあった訳です。自分の経験上、サラリーマン社会では、「上手くいったら自分の仕事、問題起こしたら他人の責任」ですから、今回の件、監督/コーチが責任を認めるとは到底思っておりませんでしたが、案の定そうでしたね。

私の事情ですが、ちょうど、会社の研修を受けてきたところなんですよ。人材育成だのコーチングだの、そういう研修なんですが。その内容は置いておいて、興味深かったのは、「研修に対する人事部の想い」なんですよ。人事部の人間は、パワハラを普段からしている人間にコーチングのやり方を知ってもらって、その効果を期待しているのにも関わらず、結果が出ない。一方で、普段からパワハラをしない人間は、この研修を受けることで、さらに良い効果が得られている、と。効果が出て欲しい人間に効果が出ず、副作用として効果が出なくて良い人間に効果がでているという皮肉な話でした。そりゃそうですよね。パワハラしている人間なんて、自分がパワハラしているなんて意識はサラサラないのですから。それどころか、正しいことをやっているって思い込んでいるのだから。監督/コーチの会見は、非常に他人事、とってつけたような社会常識で喋っているような印象を受けましたね。

研修受けてきた直後ということもあって、今回は想うことが多いんですよね。実際、自分だって、モラルに反するような指示を受けたこと、多々ありますよ。法に反するヤツもあった気がしますが、さすがに自分の常識を持って、問題になるようなことはなかったですが。ただ、これが、「追い込まれた状況であれば、話は別」ということも身をもって知っています。学生の時、とっても辛い思いをしましたからね。自分で思考することが最早出来ないですもんね。。

本件がどのような推移をたどるかは、しばらくチェックしていこうと想っています。本日5/26は関西学院の会見があるのかな?またニコニコ生放送のタイムシフトでチェックしようかと思っております。今回の問題は、感情的にも社会構造的にも、色々な歪みが噴出したような印象を受けています。法律に照らし合わせて、早い目に解決するといいですね。。。。

-Blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

平和に貢献している日本人は漫画家とアニメーターとゲーム会社社員じゃないか?なんて考えてみた

ちょっと前に考えたことなんですが、どんな人が日本の平和に貢献しているか?なんて、ぼーっと考えたことがあります。 平和の定義は? とか、 誰が一番なんて順位付け出来るわけなんてない! とか、 そりゃーい …

no image

これからアイスティーは水で淹れることにしました

ダイエットの一環で、家で飲む飲み物はペットボトルのお茶やジュースを買うことなく、自分で淹れることにしていました。 なんと言っても安上がりですし、健康にもよいでしょう。 メニューはコーヒー麦茶紅茶の3つ …

no image

日本企業と外資系企業

実は現在転職活動中です(2014.02現在) 実は外資超大手企業の採用面接に呼ばれて、行ってきました。結局は落ちてしまったのでで、無念としか言いようがないのですが。これは以前のエントリにでもちょっと触 …

no image

モノを捨てるときのコツを掴みつつあるかもしれない

本当に更新頻度が下がって仕方ない、頭が痛いところである。 ところで、ずっとモノを捨てることに取り組んできたが、徐々にコツを掴みつつあるような気がしている。 そのコツとは…とにかく無理と思っても、捨てて …

no image

【文房具】セーラー万年筆に魅力を感じている【株式投資】

セーラー万年筆の株に魅力を感じている。まず、最も大きい理由は、その時価総額がとても安いと言うこと。 そして、取り扱っている製品が、会社名の通り、万年筆であるということだ。実は、意外なことに産業用ロボッ …

スポンサードリンク


スポンサードリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。